屈まず楽できる草取り道具の決定版!ムサシ除草バイブレーター【レビュー】


「草刈り機や農薬を使わない楽に出来る草取り道具ってないの?」

「かがまずに草取り出来る方法ある?」

庭の草取りは暑いし、虫はいるし、日に焼けるし早く終わらせたいですよね。
わが家は2年前にからムサシの除草バイブレーターWE-700を使っています。
この方法は危険な草刈り機や農薬を使わないので安全。
しかも速くて、楽で、かがまず作業も出来ます。

[su_box title=”Contents” box_color=”#2282ed” radius=”2″] (1)特徴
 ①フルわせて抜く!

 ②根こそぎとれる
  


(2)使ってみての感想
 ●力は要らない
 ●速いので日焼けせずに済む

 ●根がきれいに抜ける!でも土は少し付いてきます
 ●コンセント式なので長時間可能
 ●延長コードは必須
 ●かがまず草取りが出来る
 ●2年間故障はないが持ち手のゴムが劣化してくる
 ●庭の草取りなら最初から付いている刃で十分
 ●メンテナンスは刃を拭くだけ
 ●こどもに作業させるのは危険
 ●草刈り機ほどうるさくない
 ●コストパフォーマンスは最高
 ●電気代は
 ●草取りの充実感が得られる
(3)まとめ

[/su_box]

(1)特徴


①フルわせて抜く!
本商品は手のような形のブレードが草の根元をつかみ高速でブルブルと振るわせて抜きます。
機械が振動するので、力がほとんどいらずに草が抜けていきます。


②根こそぎとれる
草刈り機や手抜きだと根が残ってまた新しい草が生えてきます。
除草バイブレーターでは根がきれいにとれるため、新しい草が生えにくくなってきます。


(1)特徴

●力は要らない
手で抜くと握力や腕の力が必要で疲れてきます。
除草バイブレーターだと、草を握らないので握力は不要です。
また、根を振るわせて土から離していきますので、引き抜く力も小さくて済みます。

本体(920g)は鎌等に比べると重いですが、高く持ち上げるような動作はしませんので、さほど力を必要としません。
女性の私でも十分に使えるレベルです。

ただ、草の根元にブレードを差し込む力が必要です。
特に土が硬い場合や、草の根が深く張っている場合はブレードを差し込む力が必要です。
手で抜くときに三角ホーを使うのと同じくらいでしょうか。

必要な力をまとめると・・・
握   力:手抜き>除草バイブレーション
引き抜く力:手抜き>除草バイブレーション
差し込む力:手抜き=除草バイブレーション

トータルで見ると、手で抜くのに比べたらだいぶ楽に草取りできています。


●速いので日焼けせずに済む
手で抜くのと比べ圧倒的に速いです。
私の場合だと、3倍くらいは速いと思います。
時間が短くなった分、日焼けせずに済んでいるのでそこが一番嬉しいところです。


●根がきれいに抜ける!でも土は少し付いてきます。
手で抜くと、どうしてもブチッという音がして根が切れますよね。
除草バイブレーターは、土を振るわせて緩めてから根を抜きますので、根がきれいにとれます。
手で抜くよりは根がきれいにとれていると感じます。

根が残りにくいので、新しい雑草が生えにくいです。
うちはスギナが沢山はえて困っていますが、手抜きよりは除草バイブレーターの方が速いし、新しく生えてくるのも少なく思います。

根がきれいにとれるのはいいのですが、根に付いてくる土は少し多いかもしれません。
手で抜くときは、根についた土をパンパンと地面にあててはらうのですが、除草バイブレーターで草をとるときは、土をはらいません。
草を集めたときに、少し土が多いかなと感じるかもしれません。
よく乾いた日にすれば、比較的根につく土も少なく済みますので参考にしてください。

また手で抜くのと同様、雑草が小さい段階で抜くと、より速く、楽に抜けますし、除草バイブレーター本体の負荷も少なくて済むと思います。


●コンセント式なので長時間可能
私が使っている除草バイブレーター(WE-700)はコンセント式なので電池が切れる心配がありません。
充電式の除草バイブレーター(WE-750)もありますが、連続使用時間は25分だけで充電時間も4時間かかります。

一般家庭の庭なら、25分では終わらないと思いますのでコンセント式をお勧めします。
市民農園等離れたところでは、電源がないので充電式でもいいと思います。



●延長コードは必須
本体のコードは30㎝程度しか無いので延長コードは必須です。
プラグが少し特殊な形をしていますので、ムサシが別売りしている専用の延長コードを一緒に購入するのがいいと思います。

私は延長コードが必要と分かったのが本体を購入後で、ホームセンターでこのプラグが使えるマキタの10メートルの外用延長コードを購入しました。
どちらも値段が同じ2,000円くらいなので、ムサシの専用の延長コードを購入されることをお勧めします。

プラグの先は少し特殊なので専用の延長コードをお勧めします


●かがまずに立ったまま草取りが出来る
専用のハンドルを使えば、かがまずに立ったまま草取りができます。
腰が痛くなる方は、専用のハンドルのご購入をお勧めします。

このハンドルは550gでそこまで重くありません。
女性の私でも、それほど重く感じずにこのハンドルで作業しています。

長さも3段階で調整できます。
角度も調整できます。

柄が長い分、少し作業スピードが落ちますが、こちらのハンドルを使った方が足腰が疲れにくいので、毎回私はこちらを使っています。
女性には強くオススメします。

立ったまま草取りできるので楽です

 



●2年間故障はないが持ち手のゴムが劣化してくる
使い始めて2年、平均1ヶ月に1回くらい使っておりますが、故障はありません。
刃も少し錆びているくらいで、十分まだ使えます。

一方、持ち手の黒いゴムの部分は、振動で軍手と擦れるせいかだいぶボロボロになってきました。
使用には問題ないので、まだつかっています。

Amazonの口コミを見ると、力ませにブレードを硬い土等で使うと折れたということもあるそうです。
最初は、柔らかい土から試し、徐々にならしていく方がよいかもしれません。

取っ手のゴムは使うにつれボロボロになりました



●庭の草取りなら最初から付いている刃で十分
色々なタイプの替え刃も用意されていますが、一般家庭ならば最初から付いてくる標準の刃で十分草取りできると思います。
最初は、他の刃を買わずに、標準の刃で当分試すのがいいと思います。


●メンテナンスはブレードを洗うだけ
メンテナンスは草取り後に、ブレードを洗うだけです。
わたしは、半年に1回くらいしか洗わないので少し錆びてしまいました(汗)

時間が経ってから洗うと、土がブレードの中で固まってしまい、洗いにくいです。
水で洗い流すだけですので、毎回洗うことをお勧めします。


●こどもに作業させるのは危険

子供には作業させない方がいいと思います。
高速でブレードが振動しますので怪我があるといけません。
子供が近づかないようによく見ておきましょう。


●草刈り機ほどうるさくない
草刈り機ほどうるさくはないですが音はします。
周りの声も聞こえにくくなります。
朝の7時くらいからならやってもOKな音のレベルだと思います。
私の家は住宅街ですが、夏は朝の7時からやっています。


●コストパフォーマンスは最高
今現在Amazonでコードとセットで7,090円のものがあります。
草取りが劇的に楽になるので、時間的にも体力的にも余裕ができます。
コストパフォーマンスには納得しています。


●電気代は1時間で0.16円
10分ほど使って計測すると、24時間使った場合の電気代は3.93円でした。
1時間あたり0.16円ですから、ランニングコストはとても小さく、気にするほどではではないと思います。

●草取りの充実感が得られる
面白いほど沢山取れて、根からきれいにとれるので、充実感が得られます。
ほどよい運動くらいに思えて、草取り後のお茶が美味しいですよ。
女性に特にオススメします。

 

(3)まとめ

●ムサシの除草バイブレーターは手で草を抜くのに比べ、力が最小限で済みます。
●速く、楽に草が抜けて草抜きが楽しくなります。
●根からきれいに取れて、新しい草が生えにくいですが、根に付いてくる土は少し多いです。
●硬い土はブレードの様子を見ながら使ってみましょう。力任せに作業すると、ブレードが折れる可能性があります。
●一般家庭にはコンセント式の除草バイブレーターを延長コードとセットで購入されることをお勧めします。
●専用のハンドルを使えばかがまずに立ったまま草取りできますので、こちらも出来るだけセット購入されることをお勧めします。
●草刈りほど危険では無いですが、こどもがいないところで作業しましょう。

最新情報をチェックしよう!