水やり週1の初心者向け楽々ベランダプランター菜園【ゴーヤグリーンカーテン編】


「家庭菜園をしたいけど、水やりを毎日するのは大変」

「アパートだけど、ベランダで野菜を育てられる?」
「ゴーヤカーテンでお部屋を涼しくしたい!」

家庭菜園を始めたくても、こんなことで悩んでいませんか?
水やりは基本的に休日1回のみの楽々家庭菜園を実況レポートします。
今回はゴーヤグリーンカーテン編です。
ゴーヤは食べられるだけでなく、日差しを遮るグリーンカーテンとしても活躍し、一石二鳥です。

[su_box title=”Contents” box_color=”#2282ed” radius=”2″] (1)材料

(2)種まき

(3)途中の管理

[/su_box]

(1)材料

まず以下の3つの材料を準備します。

①プランター(グリーンパルの給水式プランター650型)
週1回の水やりで栽培するための重要な材料です。
プランターの底が凸になっており、水をためておいた下のトレーから給水出来るようになっています。

プランターの底が凸になっており、そこから給水する
水をためるトレー
コロが付いていますので移動を助けてくれます



②土
ホームセンターで花と野菜用の培養土と書かれているものを30㍑分位


③種
ホームセンターで購入しましょう。

 

(2)種まき

種まきの時期は、目安としては4月中旬から5月上旬に行います。

①プランターに土を入れます。

プランターに土を入れます

②1㎝の深さの穴に種を2粒~3粒播き、水をやります。

③保温しておきます。
写真のように、ゴミ袋やラップなどで覆っておきます。
暑くなりすぎないよう、所々爪楊枝やハサミで穴をあけておきます。
このまま発芽までは基本的に水をやらなくてもいいですが、暑い日が続き、表面の土が乾いているようなら水をあげましょう。

[box class=”green_box” title=”早く確実に芽を出すための方法”] ゴーヤの種の皮は固く、芽が出るのが遅かったり、出ない種も時々あります。
ここでは、皮を剥いで、芽を出させて、ポットで育苗して植え付ける方法をご紹介します。

①ゴーヤの種の尖っている方の皮をハサミで剥ぐ。

②濡れたティッシュの上に置き、更に濡れたティッシュを上からかぶせます。
毎日ティッシュが乾かないよう、水をティッシュにかけます。

③3日すれば芽がでますので、ポットに1㎝の深さで播きます。

[/box]

(3)途中の管理
①誘引
100均でネットを買ってきて、それにつるを這わしていきます。
以降は放任です。

②収穫
 梅雨明けから果実がどんどん出来ますので、収穫していきます。
収穫が遅れると過熟となり、食べられなくなりますので、青いうちに収穫しましょう。
また、樹の勢いが弱いときは、実が小さくてもどんどん収穫して、樹への負担を小さくしてやりましょう。

③水やり
1週間に1回、トレーが水でいっぱいになるまで水をやります。
梅雨明けまでは1週間に1回でいいですが、梅雨をあけると、2,3日で水が無くなりますので、水やりの頻度を上げます。
特に、つるが繁茂すると、水の吸い上げる量が多く、すぐにトレーの水が無くなりますので注意しましょう。

④グリーンカーテンとして利用するなら
覆う壁の下にプランターをしきつめて1列に並べましょう。
しきつめないと(密度を上げないと)、壁が葉で覆い尽くされず、カーテンの効果がなくなります。
1プランターあたりの株数は2株でいいと思います。

最新情報をチェックしよう!