分別に便利!オシャレな場所をとらない縦型の分別用ゴミ箱

最近は、ゴミを細かく分別しなくてはいけません。
燃えるゴミ、プラスチックゴミ、燃えないゴミ、ペットボトル、食品トレー、空き缶、牛乳パック、空き瓶、等々多いですよね。
私の地域は、リサイクルのゴミの回収が月1回なので、それまで家で保管しておかなくてはなりません。
ペットボトル、食品トレー、空き缶はけっこうたまるので、スーパーのリサイクルコーナーに定期的に持って行っています。
私の家では、大きな袋にペットボトル、食品トレー、空き缶はごちゃ混ぜにとりあえず入れて、スーパーで捨てるときに仕分ける始末(汗)
その他のゴミはゴミ箱を3個置いて保管していましたので、場所をけっこうとっていました。
なんだか、見た目も悪く、いつもごちゃってる感があったゴミ箱事情を変えたいと思い購入したのが、縦型の分別用ゴミ箱。
場所をとらず、分別して捨てる手間が激減し時短にもなりましたのでレビューします。

 

 

1:商品概要

・幅31.5㎝×奥行52.5㎝×高さ145.1㎝ (外形寸法)
・ゴミ箱容量は1個あたり21リットル、5個なので105リットル入ります。
・ゴミ箱容器本体の材質ポリプロピレン(耐熱100度、耐冷-20度)
・フレームの材質は鋼(粉体焼付塗装)
・キャスター付き
・原産国はベトナムです。
・最適ポリ袋は20リットル用のゴミ袋(縦60㎝×横52㎝)
・メーカーは岐阜県のリス株式会社というとことでした。

2:組み立て

フレームを組み立てるのに1時間かかりました。
ドライバーがあれば出来ます。
女性でも簡単に出来ます。

ゴミ箱はふたをするだけです。
あとは、フレームにゴミ箱を収納していくだけです。

3:感想

場所をとらない。異動もキャスターで楽々。

縦に長いので、場所をとりません。
また、よく捨てるものを高いゴミ箱に置くことで姿勢も楽になります。
わが家は、不燃ゴミ、びん類はあまり捨てないので下2段にもってきました。

キャスターが付いているので移動も楽々ですよ。

ふたはシンプルな構造のため壊れにくい

縦型のゴミ箱はAmazonや楽天で沢山あります。
もっとオシャレなのもありますが、フタを押して開けるタイプの物がほとんど。
このふたを押して開けるタイプは、壊れるという口コミがあったためやめました。

この商品はプラスチックのでっぱりをひっかけるだけの単純な構造なので壊れにくいと思います。
楽に開けれますし、だからといってすぐにふたがまた開くということもありません。

色はモノトーンのほうがオススメ

この商品、カラーがモノトーンとフェミニンの2つあり、購入するときにモノトーンが在庫切れのため、フェミニンにしました。
私の家は、ストックヤード(物置兼物干し場)におくので、あまりこだわりませんでしたが、
お客さんが来るところにおかれる場合は、モノトーンをおすすめします。
フェミニンは少しかわいすぎますし、少し色に統一感がない感じがします。
モノトーンはかなり人気で、すぐ売り切れるようです。

 

ふたのデザインはイマイチ。シールを貼るべし。

ふたのデザインはいまいちですので、私はシールを自分でつくって貼りました。
シールのデザインは無料のイラストをダウンロードしてつくりました。

これ以上の高さは使いにくい。

私の身長が151㎝ですが、これ以上高いと使いにくいです。
このシリーズは、5段が一番高く、他に3段、3段もあります。

Amazonなどで6段を探してみましたが、あまりありませんでした。高すぎるのでしょうね。

置く場所に注意

フレームが鋼で出来ているので、湿気が多いところに置くのはサビるため、やめたほうがいいと思います。
ベランダなんかに置くのであれば、雨が当たらないようにしましょう。

うちは日のあたるところに置いていますが、色が褪せるのは覚悟しましょう。

容量はちょうどよい。

リサイクルゴミを入れておくにはちょうどよい容量(21リットル)です。
4人家族の燃えるゴミ(1週間に2回収集)、プラスチックゴミ(2週間に1回収集)を入れておくには小さいので私の家は別の大きなゴミ箱に入れています。

 

下のワイヤーの棚が何気に便利

下にワイヤーの棚があるのですが、ここにビニールを置いたり、市から配られているリサイクル冊子等を置けるので便利でした。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

子育て真っ最中の地方の介護施設で働く30代女子です。 サラリーマンの夫、保育園の2人の子供と、ローンを組んで建てたマイホームで暮らすふつうの家庭です。最近の楽しみは、子供と夫が寝た後に、豆乳コーヒーを飲みながらprimeビデオでドラマ見まくることです(笑)。 同世代や同じ境遇の方の参考になればと思い、わが家の暮らしの中で良かったと思うモノ、コトを検証、紹介していきます。